またもや精神論ですが、 走る上で「楽」に走るということはとっても大事なような気がする。 BornToRunの中でも、 「楽」「軽」「スムーズ」というフレーズが出てくる。 そして速さというのはその結果として現れるらしい。 そう、この「楽」ってのが一番大切であり、 何物よりも優先されていることがポイントだ。 あとに出てくる「軽」「スムーズ」についても、 この「楽」を身につけるための言い換えであるような気がする。 いたずらに速さを追い求めても、楽でなければまったく意味が無い。 そういう意味では 「どうやったら楽に走れるのか?」を探究することは、 とても重要な意味を持つような気がする。 人間、基本的には同じ骨格、筋肉なんだけど、 やはり個人によって若干の差異がある。 ある程度の型に当てはめて走ることは、 「楽」に走るための近道かもしれないけど、 最終的に自分に合わせたように微調整が必要になってくる。 そう、自分の中でこれがぴったりはまるという走りがあるのだ。 そしてそれは、筋肉の発達度合いにもよるし、 関節の強さにもよると思う。 当然、人間は歳とともにいろんな器官が衰える。 でもトレーニングすればより強くすることもできる。 走りというのも、今現在の自分のコンディションに合わせた、 一番「楽」な走りってのがあるように思える。