1980なり

2018/01/06

そして夏の新作祭り番外編、体験版だけど遊ぶぜグランクレスト。
よねちょくん:”ドリフト”太陽バン:ロード/セイバー:18才男性 グランクレスト世界に流れ着いた、何の変哲もない高校生。黒竜と戦って果てた領主のクレストを継承し、ロードとして立ち上がる。最初は現実世界に変えることを望んでいたが、映し身である自分自身に惑い、己の故郷をこの世界に作るべく立ち上がった。純朴で素直な性格。
ソエジマさん:ロバート・ブラック:アーティスト/アンデッド:20代前半男性 一度死に、混沌を身に宿して蘇った半死人。常に餓えに苛まれており、それを癒やす唯一の手段である混沌捕食を行うため、傭兵として戦場を駆け抜けている。異形化すると、鎧とも仮面とも付かない硬質な肉体に変化する。ぶっきらぼうで素朴な態度を取る、粗野なる哲人。
コバヤシ:”気高き紅い薔薇”ベアトリーチェ・ロートスクロスタ:メイジ/エレメンタラー:14才女性 魔術の名門ロートスクロスタ家に生まれ、常に最上を求められそれに答えてきた天才少女。愛の無い家庭で唯一親身にしてくれたメイドの魂を、八人の混沌王に分割されたため混沌を強く憎んでいる。今回のボスがその混沌王の一人であることが判明したので、魂の欠片を再獲得し、昏睡状態だったメイドを覚醒させた。ツンデレ。
戦闘しか無い体験版だったんですが、「この誓いってやつ、ロールしないと取りにくくね?」「せっかくだし茶番入れね?」ということで、古アドリブで設定を投げつけ合うステゴロTRPG開始。久々に脳味噌TRPG野のあんまり使わない部分を使ったので、非常に疲れた。疲れたのだが、妄言を高速で投げつけ合う展開は奇妙に気持ちがよい。楽しかったんだが、これはグランクレストが楽しかったのかやや疑問ではある。
戦闘の方はマスコン要素をあえて軽く仕上げて、パラメータの変化に留めたのが英断。普通マスコンといえば処理が重くなりすぎてげっそりするものだが、通常戦闘の延長線で楽しめる軽さがとても良い。特技が増えているので、違うレイヤーを使っている感じもちゃんとするし。敵がきっちり強いのはSNEの血を感じましたネ。